• ホーム
  • ピルと日付と経過について

ピルと日付と経過について

笑顔の女性

ピルは、アフターピルなどのように、望まない妊娠を避けるためのお薬、このようなイメージもありますが、それだけではなく、ピルには、月経前症候群、つまりPMSなどのような辛い症状を改善してくれる、このような役割もあります。
生理が始まるまでの1週間前から2週間前までには色々な不快感が生じるものですが、これをPMSと呼んでいます。
このPMSについては、身体的症状だけでなく精神的症状として、酷いイライラ感や抑うつ感があるため、とても厄介な症状として有名です。
症状としては、腰の痛み、食欲の不振や下痢、便秘、めまい、酷い頭痛や骨盤の近くが酷い痛みに襲われる腰痛みなどがあります。
また、同時に不眠症や嘔吐、強い疲労感などの症状が出るケースもあり、PMSの女性は日常生活を送ることも困難です。
酷いケースでは、ベッドや布団の上で、寝たきりの状態になってしまう人も珍しくありません。
このような状況を打破するために、ピルが使用され、日付などの管理を徹底しながら、ピルによる服用で経過観察を、産婦人科や婦人科の先生に行ってもらうことで、上記のようなPMSを改善することが可能となっています。
このようなピルは、女性ホルモンのバランスを整えるため、場合によっては、日付や経過観察などをしっかりと行ってもらっていても、上記のようなめまいや吐き気が、個人差によって出てしまうケースがあります。
その場合には、医師の先生の診断によって、このままピルの処方を、経過を見ながら続けるか、それとも一旦、ピルを処方することをやめて、漢方薬などの違う方法で、PMSを治していくかなど、患者さんとの相談をしながら、今後の治療について、計画が練られます。

関連記事
  • 嬉しく笑う女性
    ピルを飲んでいても性病になる ピルは、生理期間の7日間を抜いた21日間毎日服用することで避妊効果を得ることができる避妊薬です。 ピ... 2019年04月09日
  • 薬を持っている女性
    ピルを飲めない人とは ピルは初潮を迎えた女性なら10代から服用できます。 避妊だけでなく生理不順を整えたり子宮内膜症を予防... 2019年03月23日
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿