ピルを飲めない人とは

薬を持っている女性

ピルは初潮を迎えた女性なら10代から服用できます。
避妊だけでなく生理不順を整えたり子宮内膜症を予防したりと様々な目的がありますが、中にはピルの服用が禁止された女性もいます。
まず35歳以上でタバコを吸う人です。
ピルには血液を固まらせる作用があります。
タバコにも同じ凝固作用があるため、服用中にたくさん喫煙すると血栓症になる恐れがあります。
35歳以上になると老化によって血管がもろくなったり、血液がドロドロになったりします。
高齢でヘビースモーカーの人は血液を固まらせる要因が多いので、それ以上血栓症のリスクを上げることはできません。
ヘビースモーカーとは1日に15本以上タバコを吸う人を指します。
過去に血栓症を起こした人も、血液が固まりやすいと判断でき医師はピルを処方しません。
高血圧も血管に負担をかけるので避けられます。
また乳がんや子宮頸がんの人も服用できません。
これらの病気は女性ホルモンと関係があります。
ピルは女性ホルモンを配合した薬なので、女性ホルモンの量に大きな影響を与えて、症状が悪化したり治療がスムーズに進まなくなったりします。
多くの女性は服用を止めている期間ですが、妊娠中の人も服用しません。
さらに授乳中や出産して6週間以内も禁止です。
授乳中に服用すると、母乳の出が悪くなり赤ちゃんの健康を損ねる可能性があります。
その他にも偏頭痛がひどい人は、女性ホルモンのエストロゲンによって症状が悪化しやすいので医師に相談すると良いです。
偏頭痛の場合は、本人が日常生活に支障をきたさず、特に医薬品で対処していない時は処方されることがあります。
ピルを服用できない人の多くは血栓の恐れがある人なので、多くの女性が服用できる人に属しています。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 薬を持っている女性
    ピルを飲めない人とは 2019年03月23日 閲覧数:3
サイト内検索
最近の投稿