• ホーム
  • ピルを飲んでいても性病になる

ピルを飲んでいても性病になる

嬉しく笑う女性

ピルは、生理期間の7日間を抜いた21日間毎日服用することで避妊効果を得ることができる避妊薬です。
ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、それが体内に入ることでホルモンバランスを安定させる作用があります。
そのため、最近では妊娠回避効果以外にも、子宮内膜症やPMS、更年期障害などのホルモンバランスが乱れることによって起こる女性特有の体の不調にも有効なことがわかり避妊目的以外で服用している人も増えてきているようです。
その他にも、卵巣がんや子宮体がん、乳がんなどの発生リスクを軽減するとあって、ピルが女性の身体に与える影響は非常に大きいといえます。
ただ、ピルは妊娠を回避したり女性にしかない臓器の病気などの発生リスクを低くしたり、ホルモンバランスを整える作用がありますが、性病の予防効果があるわけではありません。
ピルを服用しているから妊娠する心配がないとコンドームを装着せずに性行為を行うことで性感染症にかかることは十分に考えられます。
返ってピルを服用していることが性病にかかる危険性が軽くなってしまうのかもしれません。
そのため、例えピルを服用していても性病にかかりたくないのであればやはり相手の男性にコンドームの装着を義務づけるのが望ましいといえます。
特に、特定のパートナーではなく不特定多数と性行為を行う習慣がある人は尚更でしょう。
しかし、たとえ特定のパートナーとしか性行為を行わない人であっても、パートナーが浮気をしていたり性風俗に通っている可能性があるのなら性病にかかるリスクは不特定多数の人と性行為を行う人とあまり変わらないといえますので、相手が信頼できず性病にかかりたくない場合には必ずコンドームを装着するのが良いといえるでしょう。

関連記事
  • 薬を持っている女性
    ピルを飲めない人とは ピルは初潮を迎えた女性なら10代から服用できます。 避妊だけでなく生理不順を整えたり子宮内膜症を予防... 2019年03月23日
  • 笑顔の女性
    ピルと日付と経過について ピルは、アフターピルなどのように、望まない妊娠を避けるためのお薬、このようなイメージもありますが、そ... 2019年04月28日
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索
最近の投稿