• ホーム
  • 一般に知られるピルは低用量のホルモン剤のもの

一般に知られるピルは低用量のホルモン剤のもの

最近は、男女の付き合い方も時代の経過とともに変わりつつあるのです。
気軽な付き合いで体の関係も当たり前になっていますし、いつ妊娠をしてもおかしくないような軽い関係である場合もあるのです。
しかし、将来を共に生きると決めた相手でなければ、常に妊娠をしないように気を付けるべきなのです。
そこでおすすめなのが、成功率の高い経口避妊薬を服用する方法です。
経口避妊薬というのはピルのことであって、これを飲むことによってホルモンバランスを整えて、排卵を抑えることができるようになっています。
一般的にピルとして知られているのが、低用量のピルであってホルモン量が少なめの錠剤になります。
これは毎日飲むことによって、性交渉をしても妊娠をしないような体を維持していくことができるのです。
卵子と精子が出会うことがないので、受精卵ができないのです。
これが一般的なピルですが、ほかにも中用量のピルもあります。
中用量のピルというのは、少し強めのホルモン剤であって、性交渉の後に妊娠をしてしまったかもしれないという時にできてしまった受精卵を子宮内に着床させないという働きをしてくれるのです。
こちらはまだそれほど認知度が上がっていないものですが、性交渉のあとの72時間以内に服用することで効果が高まるといわれます。
しかし、低用量ピルに比べて成功率は高くはないといわれます。
このように、ピルというのは一般的に服用される機会が多いものとして低用量のものがあるのですが、それ以外にも中用量のものもあるので、それをうまく使い分けるようにするといいでしょう。
正しい知識を持って服用していくことで、望まない妊娠を防ぐことができるようになるものなのです。

関連記事
人気記事一覧